立川にあるシュタイナー教育を実践する東京賢治シュタイナー学校で働く教師が、シュタイナー教育や学校の様子、イベントなどを日々更新

東京賢治シュタイナー学校で働く教師のブログ

立川にある東京賢治シュタイナー学校で働く教師たちが、シュタイナー教育や学校の様子を日々更新!

棟上げ

 東京賢治シュタイナー学校では昨日、大安吉日ということで棟上げを行いました。実際、柱が組まれると、それまで想像していた事よりも遥かに立派な建造物でした。

これまでのイメージとして公開されていた図面と模型

f:id:tokyokenji:20170804075051j:plain

f:id:tokyokenji:20170804075102j:plain

想像を超えた、とても立派な部材がやってきた。これだけでも感動してしまう。

4角い柱は4寸(12cm)もある。

そして、3年生は一足先にこれを見学しにいっている。

f:id:tokyokenji:20170804075640j:plain

鉄釘を一本も使わず、複雑なほぞを掘って組んでいきます。

f:id:tokyokenji:20170804080133j:plain

 

f:id:tokyokenji:20170804080417j:plain

組んだ柱を抱えて、金具にはめて立てる。

f:id:tokyokenji:20170804080702j:plain

全て人力。f:id:tokyokenji:20170804080855j:plain

f:id:tokyokenji:20170804081044j:plain

木釘を打って固定。f:id:tokyokenji:20170804081135j:plain

もう一度同じ工程をやって、高さを変えもう一組。

f:id:tokyokenji:20170804081730j:plain

 正面からのぞむ。

f:id:tokyokenji:20170804082537j:plain

 写真では分かりにくいけれども、実際には、とても幽玄さを感じさせるくらいの迫力があります。この柱がお盆前に校舎の前に並ぶ姿はを想像すると、別世界、新生東京賢治シュタイナー学校といっても過言ではないくらいの迫力が想像できます。凄いことになってきた。そしてお盆明けには、全校あげての屋根貼りを行われます。